カタログギフトの信楽焼き

「カタログギフトの木村陶器 楽天ショップ」のリンベルの

プレゼンテージ・カタログギフトの伝統工芸には滋賀県の信楽焼きもあります。

瀬戸焼、常滑焼、丹波焼き、越前焼、備前焼とともに、小山不二夫の日本六古窯に数えられる信楽焼き。

中世末より穴窯によって育まれてきたこの陶器は、徳川時代に登り窯で焼かれるようになって以降、

窯から立ち上る煙が目に浮かぶようなさまざまな表情を生み出すようになります。

・花器 サイズ(約):直径20cm x 高さ3cm 材質:陶器 産地:日本製

今では大きな狸の置物やカエルの置き物で有名ですね。

本来の信楽焼は人工的な釉薬を掛けない焼き締めで、

赤松の灰が自然釉となって降りかかり、美しい景色となっているものが多いです。

お茶道具の水指、茶碗、花入れなどに優れた作品があります。

鎌倉時代の壷は大変魅力的な焼き物で、

小林秀雄の愛玩品にもありましたね。

壷の肩の辺りに刻された「檜垣文」は素晴らしく、

一本一本の刻線から発せられる「気合」が違います。

現在は「甲賀市信楽町」になっています。

奈良時代には聖武天皇が「紫香楽宮」を造営されました。

日本の古代文化のピークに当たる天平年間に作られた離宮ですので、

さぞかし見ごたえのある建物であったのでしょう。

現在では宮町遺跡を含む19.3ヘクタールが史跡「紫香楽宮跡」に指定されているそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>